群馬で手作り指輪 についての記事一覧 - 結婚指輪 手作り.comへ群馬からのアクセス

HOME » 群馬で手作り指輪

群馬で手作り指輪

探索難易度が高いサイズの結婚指輪を入手するには?

指輪のサイズは人によって大きく違う!

日本で売られている指輪の場合、8号・9号と指輪のサイズが決められています。しかし指のサイズは、人によって大きく変わるのが現実。100人いれば、指輪のサイズも100通り。現状は、しっくり来るサイズを無理槍選んでいるのに過ぎません。
6号の指輪がキツイと感じたら、7号の指輪を選ぶのが本来のやり方。でも7号でブカブカなサイズだった場合、色々とリスクがあります。間をとって6.5号のサイズを選びたいところですが、難しいのが現状。かなりシビアです。
≫ 『探索難易度が高いサイズの結婚指輪を入手するには?』

1つ数千万円は当たり前!スイスブランドのピアジェについて

ピアジェの成り立ち

1874年に誕生した、スイスの名門時計ブランド「ピアジェ」。元々は、時計を動かすための部分にあたる「ムーブメント」製造を承っていた、ブランドでした。
スイスと言えば、世界的にも「時計大国」として知られた国。スイスは時計作りにおいて、最高の環境が整っています。時計大国という名前の通り、スイスにはピアジェ以外にもクオリティの高い時計ブランドは数多にも及びます。そんな中でピアジェが突出しているのは、超薄型の腕時計の存在が大きいでしょう。
≫ 『1つ数千万円は当たり前!スイスブランドのピアジェについて』

ダイヤモンドに全てをかけたハリーウィンストン

ハリーウィンストンとは?

ハリーウィンストンとは、1932年に誕生したアメリカのブランドです。創業者の名前が、そのままブランド名となりました。元々は小さな宝石商でしたが、創業者は時代の流れを読み取ってジュエリー制作に着手。創業者の読みは見事に的中し、ジュエリー界に新風を巻き起しました。
創業者が特に力を入れていたのが、ダイヤモンドです。世界各国から貴重なダイヤモンドを取り寄せ、ダイヤに人生を捧げました。ハリーウィンストンの結婚指輪の人気が高いのは、ダイヤモンドの美しさが大きいでしょう。
≫ 『ダイヤモンドに全てをかけたハリーウィンストン』

セットリングの魅力と選び方

セットリングが人気!

ラブラブ新婚夫婦の間で人気が高まっているのが、セットリングです。結婚指輪とエンゲージリングが重ね付けできるように生み出された、指輪のことです。セットリングならば、エンゲージリングの普段遣いもできるでしょう。
ではどうやって、選べば良いのでしょうか?合わせてセットリングの魅力についても、取り上げます。
≫ 『セットリングの魅力と選び方』

結婚指輪の選び方!

結婚指輪はどうやって選べば良いのか?

結婚指輪は、誰しもが初めて購入する宝物。何をどう選べば良いのか、さっぱり状態でしょう。そこでおすすめしたいのが、専門店です。「専門店は入りづらい」という声もあるでしょうが、全く問題ございません。
素敵な結婚指輪をゲットするには、専門店を上手く利用するしかないのです。ではどうやって上手く利用すれば良いのか、ご紹介します。
≫ 『結婚指輪の選び方!』

結婚指輪は本当に必要かどうか?

結婚指輪は必要か?

結婚をしたら、結婚指輪は絶対に必要です。しかし今は「多様性」の時代。中には「結婚指輪は必要がない」という意見も、実際にございます。そもそも「結婚したら結婚指輪を買わなければならない」という法律は、世界を探しても存在していません。
結婚指輪を手にする前に、本当に必要となるのか考えておきたいものです。
≫ 『結婚指輪は本当に必要かどうか?』

オリジナルの結婚指輪をゲットするなら手作り

オリジナルの結婚指輪を手にするなら

オリジナルの結婚指輪を求めているのなら、夫婦が直接手作りした結婚指輪がおすすめです。結婚指輪を店で購入するのはまだわかるも、夫婦手作りの結婚指輪とはどういったものでしょうか。
オリジナルの手作り結婚指輪についてと、作り方について取り上げます。
≫ 『オリジナルの結婚指輪をゲットするなら手作り』

結婚指輪のブランド!ブルガリの世界

1884年にイタリアで産声をあげたブルガリ。ブランドの枠はイタリアを飛び出し、世界的なものになりました。ブランドの世界は厳しく、1年もてば良い方です。そんな中で100年以上もトップに君臨しているのは、なぜでしょうか。
世界的なブランドである、ブルガリについて掘り下げてみました。

ブルガリはイタリアのブランドですが、創業者はギリシャの方です。ギリシャは銀細工が有名な場所。ブルガリは、ギリシャの技術とイタリアの形式美を取り入れました。さらに当時の最先端技術も投入。今まで見たことがないアイテムは、ヨーロッパ中で話題になりました。
波に乗ったブルガリは、どんどん攻めていきます。1950年代に入ると、ヨーロッパどころか世界中に広がりました。後に腕時計・ホテル事業へと展開。腕時計は、ブルガリを象徴するアイテムにまで昇華したのです。
≫ 『結婚指輪のブランド!ブルガリの世界』

結婚指輪を手作りする方法!群馬から結婚指輪を作る

メーカーとは?

メーカーとは、製造業者・製造元の意味です。メーカー(maker)という英単語はございますが、日本語の意味とは違います。日本語の意味では団体を意味指しますが、英語では個人で手掛けている人物です。製造会社という意味で使うなら「manufacturer」あたりが、妥当でしょう。
ただ結婚指輪の手作りを手掛けている工房の場合は、英語の意味でのmakerになるでしょう。ただ作るのは2人になりますので、maker”s”が正解かもしれません。
≫ 『結婚指輪を手作りする方法!群馬から結婚指輪を作る』

結婚指輪の素材の基礎知識!ピンクゴールドの変色について

大切な結婚指輪の素材選び

結婚指輪の素材を選ぶ際、見た目の印象や高級感はもちろんのこと、変色のしやすさにも気を付けたいところでしょう。
どれだけこだわって作った結婚指輪も、変色すれば魅力がどうしても下がってしまいます。
そうならないためにも押さえておきたいのが、ピンクゴールドの変色のしやすさです。
一般的に注意喚起がされやすいことなので、結婚指輪手作り.comで手作りする際にも事前に押さえておくといいですよ。
≫ 『結婚指輪の素材の基礎知識!ピンクゴールドの変色について』